痩身と脂肪分解の仕組み



どういう仕組みで脂肪が燃えるかがわかると、痩身に取り組みやすくなるでしょう。
脂肪は、幾つかのプロセスを経てエネルギーとして使われます。人間の体に存在する脂肪は、時に応じて作られ、あるいは燃焼されて減っていきます。体脂肪率は、どのくらい脂肪が作られており、どのくらい脂肪が使われているかによります。
脂肪の合成量と代謝量の差によって、脂肪は増減します。痩身のためには、脂肪がエネルギーとして使われるようにすべきです。体に必要な栄養素を食事から取り入れながら食べ過ぎを抑制し、かつ運動量を増やして消費カロリーを増やします。
脂肪の代謝には、リパーゼという酵素が関わっていることが知られています。脂肪細胞とリパーゼを反応させるには、副腎皮質刺激ホルモンという名前のアドレナリンがなくてはなりません。積極的に体を動かすことによって、アドレナリンは体内で作られます。食事を減らすだけでなく、運動が痩身に重要な影響があるるのはこういった理由もあります。脂肪の分解作用を活性化させ、体脂肪を積極的に減らすには、運動などでアドレナリンの分泌量を増やす必要があるです。体内で分解された脂肪は、筋肉が使うエネルギーとなります。使い切れなかったぶんは肝臓に届けられ、再び中性脂肪になります。
有酸素運動、エアロビクスやウォーキングが大変重要なポイントになります。







運動などでアドレナリンの分泌量を増やす